個人情報の多い会社の中でプライバシーを守るには?

admin   2015年11月30日   個人情報の多い会社の中でプライバシーを守るには? はコメントを受け付けていません。

あなたのデスクにあふれる個人情報

多くの会社では個人に対してデスクスペースが与えられていて、仕事をする上で必要なものをそのデスクに保管しているでしょう。何気なく利用しているそのデスクは、一日の半分前後を過ごす場所となっている人も多いはずです。その結果として、必然的にデスクには個人情報が溢れてしまっているということがよくあります。デスクには退社後に誰もが触れることができるため、デスクの上のプライバシーを守るという考え方が大切になります。

アクセスできる範囲を狭める

個人情報を守る上で最も重要なのはパソコンへのアクセスをロックするという方法です。これはパスワードロックをすることでうまく実現している人も多いでしょう。パスワードが漏洩してしまわない限りは安全な方法と考えても日常的には差し支えありません。しかし、デスク上にある書類にも個人情報が記載されていることが多々あります。それを守るためには鍵のついた引き出しやロッカーを準備して必要時以外にはしまう習慣をつけることが大切です。

情報の記載をできるだけしない

プライバシーを守るために重要なのは、個人情報の漏洩のもととなるものをなくすということです。そもそも漏洩するもととなる情報源がなければ心配の必要はないでしょう。そのためにもっとも重要な考え方は、個人情報を気軽にメモしないということです。後で見やすいようにと考えて付箋にメモを個人情報を書いて貼っておくというのは便利ですが、自分にとって見やすいというのは他人にとっても見やすいものであることへの認識が必要でしょう。

機密文書はシュレッダーを用いて細かく裁断してから廃棄するのが適切で、重要書類専用のシュレッダーが販売されています。